障害年金とは?

うつ病などの精神疾患や事故で負った障害などが原因で、
働きたくても働けない、定職に就くことが出来ず
経済的に
お困りの方を
支援する
公的な年金制度です。

うつ病などの精神疾患を
お持ちの方は障害年金を請求できます。

気分が沈みがちで、意欲が湧かない。
パワハラに悩み仕事を辞めた。メンタル面の不調で働けない。
障害年金をもらえる可能性があります!

うつ病など精神疾患のある皆様へ

障害年金を請求できるケース

精神疾患

うつ病、統合失調症、
双極性障害、発達障害、
自閉症スペクトラム障害、
知的障害、てんかん、
神経症、高次脳機能障害など

肢体障害

人工関節、関節リウマチ、
四肢麻痺、肢体不自由(欠損
または機能の障害)など

脳疾患

脳梗塞、脳出血、
くも膜下出血、
脳卒中、脳溢血、
(若年性)認知症・
アルツハイマーなど

が ん

胃がん、大腸がん、直腸がん、
肝がん、肺がん、乳がんなど
(治療の副作用のほか、人口肛門、新膀胱、咽頭全摘出などの身体状況による)

心疾患

心筋梗塞、大動脈乖離、
不整脈など(人口弁・
ペースメーカー・ICD・
CRT・CRT-D)

腎疾患・肝疾患

慢性腎不全、糖尿病、
ネフローゼ症候群、
多発性肝膿瘍、
肝硬変など

目・耳の疾患

視力障害、視野障害、緑内障、
白内障、網膜色素変性症、
ぶどう膜炎、眼球萎縮、
網膜剥離、眼瞼痙攣、
メニエール病、突発性難聴など

難 病

パーキンソン病、
球脊髄性筋萎縮症、
筋萎縮性側索硬化症(ALS)、
脊髄小脳変性症、
もやもや病など

障害年金を請求できるケースの一覧を見る

広島障害年金支援センターの
3つの特徴

完全成果報酬

相談料・着手金

無料

*ご請求がはじめての場合

社会福祉の専門家

『親なきあと相談室』
開催など
福祉活動に注力

ご希望に合わせた相談スタイル

八丁堀交差点より徒歩2分
オンライン相談
受け付けております。

社会保険労務士
薄田 貴士
SUSUKIDA TAKASHI

はじめまして。
広島障害年金支援センターの薄田(ススキダ)と申します。
この度は当サイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ご相談者様のお気持ちにしっかり寄り添うとともに、
障害年金の請求に止まらず、その後のライフプランニングまで、
誠心誠意、全力でサポートさせていただきます。
ご相談は無料で、障害年金をもらうまで料金はかかりません。
どうぞ、お気軽にご相談ください。

事務所の概要を見る

まずはお気軽にお問い合わせください!

[ お電話でのお問い合わせ ]

082-222-2332

受付時間:9:00~19:00

[メールは24時間・365日受付中!]

メールフォームからのお問い合わせ